toggle
2017-04-01

軒先、庇のデザイン

京都の建物は景観法もあり軒や庇を設けなければいけない場合が多かったりします。

そして その軒先や庇のデザインによって建物の印象がゴロっと違ってきます。

 
京都で設計してる以上、こだわらないといけない部分だなと久々に建物見学して思った次第です

 

▪️龍谷ミュージアム

 

▪️京都国立博物館 平成知新館

 

関連記事