toggle
2013-02-14

住宅用防火設備について


準防火地域内での木造住宅は、延焼の恐れのある部分(1階は隣地、道路中心より3m、2,3階は5m)内は

防火性能のある窓(住宅用防火設備)が必要になります。

 

ここ何日か前に知ったのですが、現在 窓メーカー(トステムやYKKap等)は住宅用防火設備の個別認定を取得し

順じ商品を販売していっています。

これは、以前問題になった防火面の性能不足からくることらしいのですが、

メーカー曰く、現在 準防火地域内で使用できる住宅用防火設備は個別認定を取得した物に限ると

言うのです。

では問題がおこってからの間、準防火地域内に防火設備の必要な住宅が建たなかったのかといえば、

決してそんなことはないはずです。

 

ではどういうことか。

メーカー曰く、従前の防火認定の在庫品に限り使用可能です。と

いや、、、しかし、防火性能不足があったので問題になったはず、

にもかかわらず在庫品は使っていいというのはどういうこと?という疑問を抱いたりみたり

一体どれだけの在庫品があったんだろうか?と思ってみたり。

結局、窓メーカー全てに関わる話なのでかなりグレーな状況で有耶無耶にしたいんだと容易に想像できます。

 

では個別認定取得品とはどのうようなものなのか。

→ トステムの個別認定取得品

 

玄関ドアに関しては片開きドアのみで種類も少ない。

窓に関しては、サイズも種類も少ない。

それと、大きなところでは、硝子が網入りガラスとLow-Eガラスの複層で認定取得しているところ。

トステムに関して言えばガラスの位置関係が室外側網入りガラス、室内側Low-Eガラスで認定取得しているので

ガラスの位置関係が変更できない。

 

よって、現在の防火設備認定取得内容であると準防火地域内では

断熱タイプ、遮熱タイプと使い分けることが出来ないことになり

すべて断熱タイプということになってしまいます。

 

「高断熱タイプ」と「遮熱高断熱タイプ」の使い分けについて

 


関連記事